Something

Takeshi Hirano

自画像ー2

10年前のこの絵を描いた頃はふと思い出した様に手鏡の中の自分を発作的にボールペンを走らせていたようでした。
誰しもいちいち我が姿を気にしては行動してませんよね。
時折、怒り狂って興奮が去ったあとでも顔の強張りが残ってるのを
認識してからか小さな手鏡が見れるように常にそばに置いてあります。己の鬼の様な形相はしっかり残ってます。コレはいかん。
周囲の人達はたまったもんじゃないぞ。時折、手鏡を持って自分の顔を見るべし。言い聞かせました。
無論、私にです。そして、延長上にスケッチする行為が生まれていたようです。「戒めに描きとどめよ。」です。
この絵は処分前の画集帳から残っていた1枚でした。フォトビジョンのスライドショーを眺めていて、stop。
急に画帳とボールペンを持ち出し、スケッチしたものでした。当時、スケッチも写真にしてまとめて、
フォトビジョンに入れ込み、スライドショーにして眺めるのも早朝の楽しみの一つにしてました。
それにしても不思議な絵だ。どこか似てるね。
下の絵は水木しげる先生のテレビくんから模写したもの。上の自画像も画面から飛びだしている。
何やら書いている指先とボールペン。二つの絵は飛び出している点が共通してるだけです。わたしの場合は飛び出している事に長年気付いて無かっただけです。片や、ちゃんと意図のある名作です。

2020.5.2今年、苺の初収穫でした。マルムシ被害を受けてない二個を持ち帰りました。
T&Kで仲良く、美味い甘いって言って食しました。この時、思い出したのが下の絵の事です。
当時なら食す前に先ず、スケッチがはじまるのですが最近はスマホのシャッターでとりあえずが多くなっていました。
やっぱり、スケッチ先行に戻した方が感動度が違いますね。「不揃いの苺」のタイトルをつけてました。
自分の作品のなかでもお気に入りの一つです。
再び少し遠のいていたスケッチに火がついてくれればいいのですが。

ふぞろいのイチゴ
ナメクジに先をこされた

という字が好きだから
苺という字を思い浮かべながら
苺の絵を描いた

5月4日、快晴、気温も上昇して日中の畑作業、汗びっしょりです。
けっして無理はせんようにこころがけてます。
今年はコロナの影響で生活に何かと自粛が課せられ、例年のゴールデンウィークとは様変わりしていますが、ここはそれぞれの我慢が必要ですね。一日でも早い終息宣言が欲しいところですが、焦らず行くしかありません。
私、最近、再びよく手鏡で己の顔をまじまじと見るようにしてます。
まずはどんな場合でも笑顔が作れる人物に変身させたいのですね。自己を見つめ直すにはいい機会と日々、受けとめたいのです。スケッチも溜めおきじゃなくて、やっぱり感動を直接、体に取り込むのにはその都度が一番かな。

令和2年5月10日

Scroll Up